京都の新自助会オープニング茶話会

京都市内であらたに発達障害自助会が誕生するということで
個人的に視察的訪問をしていきました。

京都初のオープンで純粋な自助会を目指すという意気込み
とともに京都が抱えている自助会の現状も浮き彫りになった
そんなオープニング茶話会でした。

発達障害自助会の現状としては、オープンで純粋に自助会として
取り組んでいるのは、西脇に神戸や堺といった地域のようです。
あえて名称はあげませんが、その地域に代表される当事者会界隈
では名の知れている(知れ始めている)そんな当事者会です。

一方、京都(市)はというと、ワークショップや勉強会に
取り組んでいる有志グループはあっても、自助会形式で
神戸や堺のようにオープンに開設している自助会がないようで
関西でも後れを取っているのが現状のようです。

とりあえず、月一やっていこうということで
来月は第4日曜日7/22に行われるようです。

さて、話は変わりますが、わたくし新プロジェクトで
「凸凹目線で考える地域のミライ」を来月7月は
「婚活」をテーマに取り組みます。

今回の茶話会でも「出会い」について議論がありました。
積極性のある当事者の方は活発に婚活の場にも出てきて
失敗を恐れず、果敢に挑んでいるそうです。それはそれで、
ポジティブな面ともとらえられるのかなとは思います。

一方で『出会いとトラブル』についてそれが
「障害なのか性格なのか」
そこについてどうなのかという話もありました。

みなさんはいかがお思いでしょうか?
聞かせて頂ければ嬉しいです。

丹後の凸凹個性家 『Kay』

京都の丹後で大人の発達障害当事者として活動中。 「丹後の凸凹個性家 『Kay』」のオフィシャルブログサイト。

0コメント

  • 1000 / 1000