感謝と来年の抱負を振り返ってぶっちゃける!

今年1年、本当にありがとうございました。

振り返れば、6月凸凹個性家Kayとして個人活動を始動し
半年やってきてみて、なかなかの手ごたえを感じています。

これも、多くの方のご理解とご協力の上で成り立っています。
本当にありがとうございます。

草の根運動も1周回って、昔お世話になった学校であったり、
職場であったりの恩師の方にもお出会いする機会もあり、
長く出会ってなかった方にもわたくしの活動を知ってもらえた
こと嬉しく思っています。

やはり、多くの方にわたくしの取り組みを知って頂くことも
ですが、いま、地域社会にとって発達障害やマイノリティどうよ!?
ってところがありまして、いろんな地域で若者や未来といった
テーマで会議やラボといった集まりが催されています。

残念ながら、その多くは、行政系が絡んでいるために行政関係者
といった内輪の議論になってしまい、発達障害のマイノリティ向け
にはなっていません。そもそも、そういった当事者がその場に
足を運ぶこと自体がなかなか難しいです。


わたくしは、いろんな発達障害の当事者会といった自助会や勉強会に
足を運んできましたが、本来であればそれをそっくりそのまま
地域の会議やラボに送り込みたいくらいのそれくらい温度差があります。

対話の場は持てているけれど、当事者抜きにして分かった気になって
福祉のことを議論してもそれは本当の対話になっていないし
それも継続性のあるもの、議事録といった形で見えるものでなければ
結局、中途半端なものになってしまうのです。

だからこそ、地域の会議やラボ的なものの主宰者は考えてほしいです。
いかに、その場に出てこれない人の声を吸い上げていくにはどうしたら
いいのか?

出来ない理由を考えるのは簡単ですが、どうしたら出来るのか?
それを考えることって本当に大切なことです。

ウチの町も昨年度(平成29年度)は行政主体の議論の
場が活発に行われていましたが、年度が変わるとともに音沙汰もないです。

今やっている取り組みが黒歴史にならないように・・・
どうせ黒歴史にするなら、地域や社会や生きやすくなって
取り組みの必要がなくなって黒歴史になるこれこそがわたくしの
望んでいることです。

来年は、地域で今まで吸い上げてこれなかった声を吸い上げ
さらに行政などにあげていければと思っています。

来年がみなさんにとって良い年でありますように。
みなさま、よいお年をお迎えください。

丹後の凸凹個性家 『Kay』

京都の丹後で大人の発達障害当事者として活動中。 「丹後の凸凹個性家 『Kay』」のオフィシャルブログサイト。

0コメント

  • 1000 / 1000